ボーナス払いは設定するんじゃなかった・・・という話です

友人宅は2世帯住宅ですごくいい家を建てています。

地震に強いとか、トイレが2つとか、オール電化とかとにかくいい家だなと素人目に見てもわかるようなそんな感じなのですが、最近友人は暗い顔です。

どうやら家を手離すか自己破産か究極の2択に迫られている様子なのです。

忘年会の時、友人の暗い様子にみんなで話を聞くことにしたのですが、一人で悩んで苦しかったのでしょうね、しゃべる、しゃべる。

理由としてはローンを組む時は奥さんは「一緒に頑張って働く」と健気なことを言ってあまり高額なローンは気が進まない友人を説得して35年ローンを組んだのに、その後働くどころか自分の旅行や趣味にパート代を使って家計すらもクレジットローン払いでカツカツになってしまったそうです。

今になって「持病の頭痛があるから痛くて何も考えられない、これ以上働けない」と自室に籠って話にも応じないそうです。

ちなみに自室に籠って大好きな韓流アイドルのDVDを観ているのだとか。

普通にお給料もらっていたらカツカツでも住宅ローンぐらい返すことができるのでは?と聞いたところボーナス払いを高く設定しているためそれがボーナスカットのせいで払えないと言うのです。

ボーナス払い15万というのが重くのしかかっていると言うんですね。

確かに通常のローンにプラスして15万を払う月というのは苦しいな、いや、うちなら無理だと思った次第です。

住宅ローンをこれから組む人は絶対無茶なボーナス払いを設定したらダメだよと友人は涙ながらに語っていました。

まさかボーナスカット、残業代カットになるなんて思わなかったよとつぶやいていましたね。

何とか友人が元気を出してくれるといいなと思いながらその日は別れました。