40歳の決断

40歳になった時に、実家近くに60坪の宅地が売りに出て思い切って買いました。7区画が同時に売りに出ました。買値が2000万円。とうとうローンと共同生活かと思いました。

時々土地の様子を見に行きましたが、他の6つの区画も全て売れて次々と家が建ち始めています。私も建てなきゃなと思いますが、月々の土地の支払いに家の支払いも重なるのかと思うと覚悟の事とは言えぞっとします。

仕事を辞めるつもりはありませんが、民間会社ですしここから25年働いて行けるのかと不安もよぎります。しかしもうサイは投げられた、ルビコン川を渡ったのです。

ある時隣の家の建築の為の重機と資材が私の土地に、当たり前のように置かれていました。何日も前から、勝手に置いていたものと思います。土地の使用を頼まれたことも無ければ、許可した覚えもなく物凄く腹が立ってそこに居た工務店の人を叱りつけました。

私が家を建てたのは土地を買ってから一年後、7区画の中で一番最後でした。地元の小さな工務店を選んで注文住宅を建てました。後は頑張ってローンを返していくのみです。